スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子になってもらう事になりました♪

2006-11-30 (Thu) 00:00[ 編集 ]
見学だけ・・・って決めていたんだけど
「どうする?」って言われたら「お願いします」って言っちゃった。

そんなもんなのかもね。
子犬は可愛いもん。

既に写真で惚れちゃってたし・・・
一目惚れした写真がこれ↓
聞かなかったから定かじゃないけど、多分生後30~40日位の時の写真だと思う。
1

で、生後67日目がこれ↓
2

ムチムチの赤ちゃん顔だったのに数週間で大人顔になってました。
ケージから出ている時に目線もらえなかったのでケージの中からの写真。

普段は自宅にいるから、
私が会わせてもらったお店は子犬達にとっては知らない場所。
だからみんな大人しいというよりケージから出しても動かなかった^^;
あらら・・・
その時この子は私の足に頭をちょこんと乗っけてきて。。。

それだけで愛おしさ倍増~~!!!
このまま連れて帰りたいと思っちゃった。

でも、まだ迎える準備は出来てないし、ワクチンも未だだって言うし。
何より、もう少し兄弟達と一緒に生活させてあげたかった。
だから我慢我慢。

お店では固まってた子犬達だけどいつもの住まい(サークル)に戻したらとっても元気。
あんなに静かだった子達がサークルの中に伸ばした私の手にしがみついて?来る来る!
でも家に来てもらう事になったあの子は・・・というと、
私の手の所に行きたくて足踏みするんだけど、
兄弟達の元気さのあまり押しのけて前に進む事出来なくて・・・
そこがまた可愛く思えちゃって~~^^
最後にあの子に触れたくて近くに手を伸ばしたんだけど、
やっぱり直ぐに兄弟に押しのけられちゃってた。

まー。いっか。
来週からずっと一緒にいられるから。
あと少し、兄弟達と一杯遊ぶんだよ~!

9日にブリーダーさんが東京に連れてきてくれます!

スポンサーサイト

いよいよ明日

2006-11-29 (Wed) 00:00[ 編集 ]
すでに子犬を迎える準備してる。

ケージはどんなのが良いんだろう?
ペットシーツは?
ベッドは?
おもちゃは??

お迎えに行く時のキャリーケースが必要だよね。

・・・って。
既に迎える気満々。^^



明後日

2006-11-27 (Mon) 00:00[ 編集 ]
山梨まで会いに行ってきます。

「見学のお願い」メールをするつもりだったのだけど、
返信を待っている間にあの子達が他の方にもらわれて行ってしまうんじゃないか
と思えてしまい、待てずにお昼に電話しちゃいました。
ブリーディングにもこだわりを持っているサバサバした女性で
話をしてるだけでどんどん楽しみになってきました。
子犬に会えるのはもちろんだけど、この女性と会うのも楽しみになってきました。

既に生後60日を過ぎている子犬達だから
直ぐに連れて帰る事は出来るんだけど今回は見学だけって決めた。
見学させてもらって、数時間冷静に考えて返事をするんだ。
そう決めた。

やっぱり会ってみたい

2006-11-26 (Sun) 00:00[ 編集 ]
昨日見つけたペットショップに掲載されている子犬の顔が、瞳が。
どーしても忘れられなかった。

なんどもそのHPを見て。
でも引っかかるペットショップの文字。
でも、最近思ったのはペットショップだからって生体展示販売してるとは限らないって事。
様は自分の目でわんこ達のいる場所を見て、ブリーダーと話をして。
そして自分がどう感じたかで決めれば良いんだって。
幸いな事に?私は石橋叩いて、叩きすぎて橋を壊してしまう位慎重だから
きっと大丈夫!(何が?・・・だけど^^;)

まずは・・・とメール。
両親犬とも会わせてくれるってだけで不安が少し和らいだ。
母犬に会えるのは私にとっての必須条件なんだけど、
父犬とも会えたら、子犬の大人になった時の顔も想像できるから。

そして子犬の写真をお願いしたら
私が一目惚れした瞳が忘れられないあの子の写真を送ってくれた。
とーーーっても可愛くて。
この子と会うのが運命だったんじゃないかって思えちゃうくらい。
今までの悲しい事は
神様がこの子と出会わせる為に起きた事だったんじゃないかって思えちゃうくらい。
会いたくてどうしようもなくなった。

明日、見学をお願いしよう。

一目惚れ

2006-11-24 (Fri) 00:00[ 編集 ]
私は犬を迎えてはいけないんじゃないかって思えてて。

でも、やっぱり一緒に暮らしたい!・・・という気持ちもあって
ずーっとキャバリア関連ブログを色々読んだりブリーダー情報を検索してみたり。

ほぼ毎日、PCの前にずーっといる。
みんなのブログ読んでると、やっぱり良いなぁ~って思う。
わんこがいる事で楽しみが増えてるんだなぁ~って。

そしたらあるサイトから山梨にあるペットショップを見つけて
子犬情報にアクセスしてみたら・・・

9月24日生まれのとても可愛い子犬の写真が載っていたの^^
顔が小さくて、キュッと顔が詰まってて。
とってもとーっても可愛いの♪

まさに私好みのお顔だった。

そしてその子のこっちを見つめてる目にクギ付けになってしまった私 ^^;

でも、「ペットショップ」というのが引っ掛かってしまう。
ペットショップって、生体展示販売してる店?
親兄弟から離されて狭いケージに入れられてる子?

そういう所からは迎えたくないなぁ。。。

また・・・

2006-11-19 (Sun) 00:00[ 編集 ]
なぜだろう?
なぜ、こんなに続くんだろう?

ブリーダーCさんから、悲しい連絡が来た。
1頭のトライの女の子だけしか身ごもっていなかったその子は死産だったそうだ。
予定日より遅れ、お医者様に見てもらった時は心臓も動いていたらしいのに。
私が悪い気を持っているのだろうか。

次の出会いへ

2006-11-16 (Thu) 00:00[ 編集 ]
悲しい知らせを聞いてから数日が経ち、気持ちも落ち着いて来た。

年内に迎えたいって思っていたけどそんなに簡単にいかないんだって思えてる。
特に私には・・・

今から産まれる子だと迎えられるのは2月以降。
けど、その子の誕生を喜び、家に来てくれる日を待つのも良いかなと。

なんか次から次へと・・・だけど。

ブリーダーCさんに産まれたら見学させて欲しいとメールをした。
18日にトライのママとブレンのパパの子が出産予定だったから。
ママの初めての出産らしく、ブリーダーさんも楽しみにしているみたい。
まだ子供っぽい顔をした可愛いママ。

でも、希望しているブレンの男の子が生まれる確率は4分の1。
なんか、ブレンの男の子は生まれない気がするのは考えすぎかな?

私は飼ってはいけないの?

2006-11-15 (Wed) 00:00[ 編集 ]
見学をお願いしたブリーダーAさんの所で11月11日にもブレンの男の子が誕生~!
この子達も一緒に見学させてもらおう!
そう思ってAさんにメールをしたら思ってもみなかった悲しい返事が返ってきた。

見学をお願いしていた男の子2頭のうち、1頭が圧死。
そして11日生まれの4頭の男の子達は母犬のお乳の成分が良くなかったらしく
みんな亡くなってしまい、今は1頭しか残っていないのだとの知らせだった。
ブリーダーBさんもこんな事は始めてらしくつらい・・・と。

そして、
「1頭しか残っていませんがそれでも良いですか?」
という再確認の内容でもあった。

ビックリしたし、ショックだったし、悲しかったし。
楽しみにしてた分、起こった不幸を思うと私はどうしたら良いかわからなくなった。

私は犬を飼ってはいけないのだろうか?

こんなに立て続けに会えるはずの子犬が亡くなるなんて。
最初の目に傷のある子といい、
私は飼ってはいけないのだという神様のメッセージなのだろうか?

お友達に話をしたら
「その犬舎と縁がなかったんだよ。だから今いる1頭を迎えるのではなく、
次に出会う子にした方が良いよ」って。

子犬は悲しい思いを持って迎えるのではなく、ワクワクした気持ちで迎えるものだって。

悩んだあげく、見学キャンセルのメールをしました。
今いる男の子を見て、この悲しい出来事を思い出してしまいそうだったから。
私には、犬との生活はやってくるのだろうか。。。

何個希望にそうだろう?

2006-11-10 (Fri) 00:00[ 編集 ]
迎える子犬の希望を考えてみた。

年内(出来れば12月中旬~月末)に迎えられる子で、生後60日~80日位の子
迎えてすぐは出来るだけ一緒にいたいし、
休みの多いこの時期に私にも家にもお留守番にも慣れて欲しい…なんて

お鼻?がつぶれてない子
低くても良いからパグ顔じゃない方がタイプです^^;

茶毛が多い子
白っぽいより茶色率高い子がいい~!

元気でやんちゃな子
一緒にフリスビーやりたいな♪…なんて^^
マズルが短いから無理?^^;

兄弟が多い子
親兄弟の愛情一杯受けてる子であって欲しい…

ブリーダーさんの人柄が良い
イザという時にアドバイスもらいたいし、長くお付き合いできる親元さんが良いかな

新しい出会いを探そう

2006-11-09 (Thu) 00:00[ 編集 ]
気持ちを切り替えて別の子に会う約束をしよう。
そう思い、ブリーダーAさんにメールをした。

産まれている子の見学は出来ますか?って。

そしたら、女の子は既に2人の見学予約が入っているんだって。
男の子の見学希望はまだ入ってなかった様でその男の子達の見学をお願いした。

その時に、私の方の事情も少し書いた。

「私は一人暮らしです。だから、迎えた子には留守番してもらう事になります。
でも、可愛がるし、出来るだけ一緒にいようと思う。
もし、病気になったら仕事の調整をして看病だってしてあげられる環境です。
ブリーダーさんとして、私に子犬を譲る事は考えられますか?」

なんでこんな事を書いたか・・・
それは、いろんなブリーダーさんのHPを見ていると
一人暮らしをしている人への譲渡をお断りされる方が結構いたから。
そして「犬の十戒」がリンクされてる。
Aさんは見学を了承してくれた。
そして、言ってくれた。

「一人暮らし、お仕事、の件は大丈夫ですよ。
犬は習慣で物事を覚えますので、留守番も毎日の事ですから覚えて
おとなしく留守番をするようになります。
私は、譲渡するにあたって>その子を一生愛していただける事のみが条件です。
飼育の仕方はその家庭環境によって違ってきますので・・・(お子様でもそうですよね)
だから一番大事なことは、犬に今の生活のリズムになれてもらう事です。
犬に合わせるのではなく。それが一番犬にストレスを与えないと思っています。」

すごーく、嬉しかった。
とても素敵な方だなぁ~と思った。
会うのは25日に決定!楽しみ楽しみ♪

本当にごめんなさい

2006-11-04 (Sat) 00:00[ 編集 ]
考えて考えて。
一晩考えて、今朝キャンセルさせてもらう事にしました。
とっても無責任な行動を取ってるなと思ったけど。
不安で仕方なかったから。

もう少し時間をかけて考えてからキャンセルする事も出来たかもしれないけど、
そうやって私が悩んでいる間に新しく子犬を見学に来る素敵な方との出会いを
私が奪ってはいけない様な気がしたから。

でも一番悪いのは安易に予約した私。

本当にごめんなさい。



初めてブリーダーさん宅へ

2006-11-03 (Fri) 00:00[ 編集 ]
ブリーダーBさんから子犬を見に来ませんか!?
と誘われ、初めてブリーダーさん宅に行ってきました。

今日は見学だけだぞ!と心に思いながら・・・


まだ譲る事になるかどうかわからない私に、
飼い方、しつけのコツ等いろいろ説明してくださる熱心な方でした。

女の子1頭、男の子2頭見せて頂いたのですが
ブリーダーさんと話している間に男の子にしようと決定!
男の子の方が長く一緒に遊べるんだって。
(女の子は6歳位で落ち着いちゃうそうです)
だから・・・ ^^

ブリーダーさん宅を出る時には、私の好みの顔の男の子を予約してしまいました。
今日は見学だけ・・・って思ってたんだけど^^;

でもこの子、目に傷があるのです。

目が少し開いた位の時に、兄弟の足の爪が目を傷つけたらしい。
お医者様に見せたら、2週間程で傷は治り、失明等の問題はないだろうけど
目に傷が残るかもしれない・・・って言われてるって。
目にちょっと傷が残る位なら良いかな?って思ったからお願いしたんだけど・・・


ブリーダーさんに再度確認されたの。

「この子の目を一緒に治療して行ってくれますか?」

ブリーダーさんのお宅を後にしてからこの言葉が頭の中から離れなくなってしまった。
2週間で治るとお医者様は言ってるというのに、あの子を迎えるまでに1ヶ月半もあるのに。
なぜ、一緒に治療して行こうという事になるのだろう?って。

迎えた後も病院通いが続くって事?・・・って。
恐くなっちゃった。

ホントに目は治るの?


ずーっと何時間も考えた。
これから迎える子なのに、怪我してる子で良いの?
もしかしたら失明しちゃうかもしんない。
今後10年以上一緒に生活するのに、その覚悟はあるの?って。

どうしよう。

どうしたら良いのだろう・・・

ブリーダーさんからの返信

2006-11-01 (Wed) 00:00[ 編集 ]
ブリーダーAさんから返信が来た。

「今日、ブレンハイムの女の子1頭と男の子2頭生まれました。
11月10日にもブレンハイムの出産を予定しています。」

まずは一歩・・・とメールをしたその日に産まれた子がいる。
これは何かの縁???

ブリーダーBさんからも返信が来た。

「9月28日に産まれている子がいますよ♪」

返信が来て嬉しかった。さ~て。どーしよう。
もう少し細かい事聞いてみようかな?

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。