スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のお花

2012-10-28 (Sun) 11:23[ 編集 ]
121028.jpg
 今週のお花は『菊』

 らんまるが亡くなってから、
 お骨のそばに生花を置く様になりました。
 でも、菊を置いたのは初めてかなぁ~。

 お花を供える、部屋にお花がある
 という事が当たり前になると
 お花がないのが物足りなく感じるので
 夏以外は毎週の様に買っています。








思い出の場所へ

2012-10-26 (Fri) 10:34[ 編集 ]
101002.gif

らんまるの誕生日から1ヶ月近くが経ちました。

らんまるの誕生日には、今年もやっぱり一緒に行った思い出の場所、
『多摩川を望む場所』に行き、公園内をゆっくり散歩して帰って来ました。

らんまると一緒に散歩した時のことが
もう2年近く経つというのに鮮明に浮かんで来ます。

あー。らんまるは橋が嫌いで渡れなかったなぁ~とか。
どんぐりが転がっていたなーとか?

記憶の中のらんまるは笑顔で、まだまだ若い4歳。
今のごえもんより若いよ。


これは、2010年10月の写真。
この時にはもう、らんまるの身体は病と闘っていたんだね。

一周忌

2012-02-02 (Thu) 23:03[ 編集 ]
120202.gif
空気は冷たいけれど、青空が広がっている。

らんまるが息を引き取ったのとほぼ同じ時間、
青空を見上げながら『らん』と口に出したら
涙が溢れ出てきた。

昨年のこの日も青空だった。

*  *  *

つい数日前まで
らんまるがいた様にも感じてしまうけれど
早いものであれから1年が経ちます。

毎日夜遅くまで働き、週末は昼頃まで寝て、
何をする訳でもなく時間が過ぎて行きました。
気持ちを切り替えようと思っても
気持ちが動かなくて。

らんまるも好きだったベランダの植物達の多くは枯れてしまい、
復活させようにも気持ちが乗らず、今も冬枯れ状態になってしまっています。

かといって、ペットロスが酷い訳ではなく普通に生活できています。
ただ、らんまるを思い出すと、らんまるの話をしようとすると涙が出てしまうだけ。

それでも、昨年の秋頃からはダラダラ生活からも少し抜出し、
仕事も今年に入ってから落ち着いてきて、
人間らしい時間に帰宅し、お休みも取れる様になりました。

そして、『お坊さん』の言葉が私の気持ちを楽にしてくれました。
来年のこの日は、笑顔のらんまるを思い出せる様になりたいです。

*  *  *

昨年も一緒にらんまるを弔ってくれたお友達が、
可愛らしいチューリップの花束を持って来てくれました♪
明るいお花があるだけで気持ちも明るくなります。

一周忌法要

2012-01-28 (Sat) 23:53[ 編集 ]
120128a.gifアジサイと私の大好きな花ラナンキュラス。

mixiで知り合ったお友達から
らんまるにお花をとお心遣い頂き、
私の大好きなお花屋さんで
この日に合わせてアレンジメントして
頂きました。

らんまるの一周忌法要。

この日も
らんまるのお骨と一緒にお寺に行き
そして一緒に帰ってきました。
もう少し、私の側にいてね。
らんまる。
 
 数週間前、ゴールデンレトリーバーのオーナーさんと話をする機会があり、
お互いの愛犬の病死、後悔、ペットロス…色々話をした中で、
その方のお友達であるお坊さんの言葉が心に残っています。

『お骨がどこにあるのかが大切なのではなく、
亡くなった子の事を時折思い出してあげる事が一番の供養。
そして、思い出す姿は辛い時の顔ではなく、元気な姿を思い出して欲しいの。
残してしまった者達には、自分の事で悲しんで欲しくないんですって。』

120128b.gifこの話を聞いてから、
気持ちがすーっと少し晴れた気がしています。
そして、一周忌法要を前に
らんまるの笑顔の写真を飾りたくて
今まで涙が出てしまって
見る事が出来なかった写真データを
開きました。
そしてその中から選んだ一枚。

今はこの写真が、私を見つめていてくれます。

今でも、病気で辛い表情をしているらんまるを
思い出す事の方が多いけれど、
少しづつでも良い。
元気な頃のらんまるを思う様にしよう。

9月24日

2011-09-24 (Sat) 23:28[ 編集 ]
110924.gif
『お誕生日だから、らんまるに…』
と、はなちゃんママにお花を頂きました。
綺麗な青いお花のりんどう。素敵です。

秋晴れのこの日。
ごえもん、はなちゃんと一緒に
多摩川に行ってきました。

ごえもんが棒に夢中になっているのを見ては
その側でらんまるが走っているのを、
はなちゃんが他の子と走っているのを見ては
らんまるが一緒に伴走していた光景を
思い出していました。

らんまるの大好きだった場所だから、
思い出すらんまるは笑顔いっぱい。

らんまる、一緒に来てますか? 誕生日おめでとう!

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。